役割

役割

ヒアルロン酸については、我々の体の中にある器官や部位が、正常に働き続けることに欠かせない存在になっています。
例えばひざの関節の場合は、ひざを円滑に動かすためには関節周辺の軟骨の弾力やクッションとしての機能が必要となります。
しかし、病気や加齢によって軟骨は磨耗し、滑液の粘性もなくなってしまい、膝の痛みや動く際にきしんだりという症状がでます。
これにより日本では、20年ほど前から関節痛の治療方法の一環で高分子ヒアルロン酸の局所注射が行われています。
ヒアルロン酸の局所注射の効果で、すり減った軟骨が治って、滑液に粘りが戻ることがわかっています。
ヒアルロン酸は体のあらゆるところに存在しますが、多く含んでいる部位は、関節、骨、軟骨、腱、血管、脳、心臓、皮膚、目とのことです。
ヒアルロン酸が多いということは、その部位や器官が機能するために多くのヒアルロン酸が必要になる場所ということです。
具体的には、肩や腰の痛み、切り傷、動脈硬化、脳の老化などに関しても、ヒアルロン酸を補給することによってよくなると言われています。
その他にも、がんを予防したり痛みの強いリウマチの緩和にもヒアルロン酸の摂取が貢献するとされています。
こうしたヒアルロン酸の医療効果については、「細胞外マトリックス」に関わる裏づけが解明されています。
細胞外マトリックスの骨組みはしなやかなのが特徴的で、わたしたちの体を作る60兆個程度の細胞はそこに囲まれて存在しているようです。
細胞外マトリックスは、細胞同士の連なりや細胞の内側へ栄養素を入れるなどを総合的に管理する役割をしています。
そして、このような大事な働きをしているのがムコ多糖で、ヒアルロン酸はその代表格であると解明されています。

もっと美しくなりたいあなたに。新宿と立川とメンズの新宿美容外科クリニック