分子

分子

従来のヒアルロン酸の分子はとても大きいため、そのままの状態では肌から取り込んで奥深くまで浸透させるのは難しいのです。
ゆえに今までは、ヒアルロン酸を化粧品から取り入れることは不可能だと言われてきました。
とはいえ、この後に研究が行われて、小さな分子サイズの「低分子ヒアルロン酸」が登場しました。
ヒアルロン酸含有の化粧品を選ぶ場合には、成分表を見る習慣をつけ、分子の大きさと配合量をきちんと見ておくようにしましょう。
商品のパッケージを確認するだけで済ませないで各化粧品メーカーのホームページも参照すると、豊富な情報が得られるでしょう。
店頭でのサンプルチェックが可能であれば、ヒアルロン酸特有の粘りに着目してチェックするとよいでしょう。
ヒアルロン酸とは異なる混合物を用いて粘るように変えている商品も出回っているので、十分に注意しましょう。
高い配合率を誇るヒアルロン酸入りアイテムもあり、なんとヒアルロン酸100%原液と謳われている種類もあります。
化粧品に入ったヒアルロン酸の分子は小さくなるよう加工されており、6000〜8000ダルトン(20〜25ナノ)という数字+単位であらわされます。
1ナノメートルは100万分の1ミリメートルを示し、ダルトンは分子をあらわす単位として扱われています。
なお、表皮のヒアルロン酸は1日につき約50%は消えていくため、2〜3日の期間で総入れ替えが行われます。
そのため、化粧品を使ったヒアルロン酸の浸透はまとめで吸収させるよりも、地道に毎日継続していくほうが現実的と言えるでしょう。
それに加えて、ヒアルロン酸が常に表皮に存在して潤いを逃さないようにするには、コラーゲンやビタミンCの力が必要です。
コラーゲンやビタミンC誘導体などの成分に関してもヒアルロン酸の配合率が高い化粧品であれば、相互に効果を高め合えることでしょう。