成分

成分

コラーゲンやヒアルロン酸に関しては、アンチエイジング効果や美肌効果があるとしてよく一緒に登場します。
そのため、名称が異なる同じ物質であると思い違いをしている人もいることでしょう。
ここからは、コラーゲンとヒアルロン酸の詳細について、復習をしたいと思います。
ヒアルロン酸という物質はアミノ酸で有名なムコ多糖の中の一つです。
コラーゲンは皮膚や毛髪、腱(けん)の他に骨なども形成するためのタンパク質の一種です。
ヒアルロン酸に代表されるムコ多糖はそれだけでは身体の内側に存在することができず、タンパク質であるコラーゲンは保水性に欠けています。
そのため、ムコ多糖とタンパク質は互いに結合して細胞間を充満した状態で存在します。
ヒアルロン酸の大きな特徴は、非常に大きな保水能力があることです。
60%〜70%程度が水分がで構成されている体内では、
血液の他の成分はほとんどがヒアルロン酸などのムコ多糖が蓄えているとされます。
その一方、コラーゲンの特性は皮膚の構造と併せて解説すると理解しやすいはずです。
真皮は表皮の下の層を構成していますが、水分以外の約70%がコラーゲンだとされています。
コラーゲンとは弾力の強い繊維のような物質で細胞と細胞をつなぐ役割を果たしています。
さらに、ヒアルロン酸が繊維状になっているコラーゲンの間に含まれていて、水分を保っています。
ヒアルロン酸の含有量が高い食品を見つけるのは大変ですが、コラーゲンは鶏肉の中でも手羽先、牛肉ならスジ、魚ならシラスなどに豊富に含まれているのです。
加えて、食卓に上がる機会が少ないフカヒレやツバメの巣などもコラーゲンをたっぷり含むとされています。

年齢が上がってくると減少するコラーゲンやヒアルロン酸を増やすのが、老化防止策の大事なポイントと言われています。